メニュー

不倫妻の浮気の見抜き方
浮気調査は東京の興信所 R&I

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

女の浮気を見破る!簡単に妻の不倫を見抜くコツと対処法

うちの嫁に限って、、、

あなたは「うちの妻に限って、不倫なんてありえない」「誰も妻を相手になんかしないだろう」そんな風に鷹をくくっていませんでしたか?
あなたの妻になった大切な女性に家事や育児を任せっきりにして「飯炊き女」扱いしてきませんでしたか?

そうであっても、そうでなくとも、今現在の現実は、
探偵や興信所に浮気調査を依頼してくる人の半数以上が男性という状況で、妻の不倫を疑い、調査している夫がかなり多くいるのです。

このページに辿り着いたあなたも、妻の不倫を疑っているあるいは見破りたいと考えているのではないのでしょうか?

  • 最近の妻の行動を怪しく感じている、見抜くコツを知りたい
  • 妻の不倫が発覚してどうしたら良いかわからない
  • 探偵や興信所に浮気調査の依頼をしたほうが良いのか迷っている
  • 夫婦の信頼関係を修復したいが、どうしたらよいのか分からない
  • 妻とは離婚したいので条件を有利に進めていきたい

ここでは、妻の不倫を見破るための兆候チェックリストや女性が浮気に走ってしまう原因、夫の対処法などを掲載しています。


「目次」

男と女の浮気の特徴と違い
妻の浮気を見抜く兆候チェックリスト
1.身だしなみ、おしゃれから浮気を見破るコツ
2.性交渉、SEXからの見破り方
3.仕事、趣味、外出から不倫を見破る
4.家庭、日常生活の中での見抜き方
5.心の変化、メンタル面からの見破り方
女が浮気や不倫に走ってしまう5つの原因
妻の浮気が発覚した時の夫の対処法

私達がお手伝いできること


男と女の浮気の特徴と違い

「不足原則」という心理

「足りないものを補いたい」と思う心理が誰の心にもあります。

そして夫や妻から得たい感情が得られず、それを別のところで埋めようとするという法則です。

この時点では、男も女も、不足原則があるので、浮気する可能性はどちらも同じ条件になります。

男の浮気の場合

妻や恋人が甘えさせてくれない、
癒してくれない、となるとそうしてくれる女性を求め、その先には性的な欲求も含まれていることが大半です。

そしてそこで不満が解消されれば、不足は満たされ完結します。

女の浮気の場合

旦那や恋人が全然構ってくれない、
女性として扱わない、私って何?と感じ始めると、自分の存在価値を認めてくれ、その自尊心を埋めてくれる男性を求めます。

そこで体の関係を持った時には、すでに心が寄り添ってしまい、本気なので止めることができなくなり、必死に隠そうとします。
そもそも女性は男性より嘘が上手いと言われていますから、なかなか不倫を見抜くことは難しいのです。

男性は一度関係を持つと完結するのに対して、女性はその相手と新しいストーリーを始めたいと思います。

まるで間逆なんです。だから男性の浮気は浮気で終わり、女性は本気になると言われるわけです。

男性が不倫に走る、という一昔前のパターンではなく、現在は女性の不倫が非常に増えています。
「うちの妻は大丈夫」「うちの妻を相手にする男なんているはずない」と鷹をくくっていると痛い目にあう可能性もあるのです。


妻の浮気を見抜く兆候チェックリスト

女性は簡単に見抜かれないようにと、嘘をつくのが上手い、と言われていますが、不倫にはまってしまい気分が舞い上がってしまったり、高まる気持ちが抑えられなくて行動に表れてしまう、「ミス」を犯してしまうこともあるのです。

ここでは「女の浮気」を見破るためのチェックリストを記載したので、これらの行動が見られる場合は、妻の不倫・浮気を疑った方が良いかもしれません。

しかし、参考程度にしていただき、あくまでも「不倫の兆候がある」ということで、過剰反応して妻に詰め寄ったりするのは辞めておきましょう。


1.身だしなみ、おしゃれから浮気を見破るコツ

女性は恋をすると、できるだけキレイに見せようとして身だしなみに気を遣うようになり、女を磨こうと努力します。それは、結婚しているあなたの妻も同じです。
これまで夫から女性として扱われてこなかった妻の反動として、「女性としての自分」の気持ちにブレーキが利かなくなり、徹底的におしゃれに気を遣うようになります。

「最近、妻がキレイになったなぁ」なんて安易に喜んでいると、実は夫であるあなたのためではなく、不倫相手のためだったり、ということがあるかもしれません。

メイクが変わる、美容に気を使うようになる

  • 化粧に時間をかけるようになった気がする
  • ネイルにお金をかける
  • エステやジムに行き始める
  • ダイエットを始める
  • 美容室に行く回数が増える
  • スキンケアにお金をかけるようになる

メイクの雰囲気が変わった、いつもより念入りにメイクしているな、、、と感じた日、実は浮気相手と会っている可能性があります。

服装がオシャレになる、好みが変わる

  • 服装だけでなく靴やバッグにも気を使う
  • 髪型にこだわるようになった
  • 洋服代などの出費が増えた
  • 香水が変わった(香水をけるようになった)

妻が急にオシャレに気を使うようになった場合、注意が必要です。

また、ファッションの好みが変わりだしたら、それは浮気相手の好みに合わせて妻の好みも変化しているということも考えられるので、要注意です。

「ニオイ」の変化にも注意しましょう。

普段、香水を使っていない妻が不倫する時だけ香水を使うというようなケースは少なくありません。
あなたに見破られるのを回避するために、香水を利用して浮気相手の男性の匂い、タバコのニオイを消している場合もあります。

新しい下着(勝負下着)が増える
これも女性の心理、女磨きの手段の一つです。

長年連れ添った夫には、「下着まで気を使う必要がない」、何年も同じ下着を付けている、下着を買っても安物、そんな女性が少なくありません。

しかし、ときめいている不倫相手にはキレイな姿を見てほしいと、新しい下着をつけたいと思うのは当然の女心なのかもしれません。
急に新しい下着が増えた場合や、勝負下着になるようなものが増えた場合には、浮気している可能性がかなり高くなります。

ただし、勝負下着を堂々と家族の洗濯物と一緒に干すということはあまり考えられないので、あなたに気づかれずに洗濯し、どこかに隠している可能性があるかもしれません。
これを探し当てる=浮気を見抜く一歩となります。

結婚指輪を外している
今まで付けていた結婚指輪を「家事の邪魔だから」「きつくなった」という理由で外した場合にも注意が必要です。

たとえ、既婚者だと伝えて不倫している場合でも、妻の心は夫のあなたではなく浮気相手に向いているのです。
そんな気持ちから、結婚指輪を外してしまうケースが多くなります。

帰宅する時には指輪を付ければ良いだけの事ですが、舞い上がっている妻は、ついうっかり外しっぱなしで帰宅してしまう場合があります。


2.性交渉、SEXからの見破り方

男はSEXを「単なる快楽」ととらえているのとは反対に、女性は「コミュニケーション」と認識しています。

妻の心が不倫相手に向いてしまっている場合、夫との性交渉は望まないばかりか、本心で言えば「指一本も触れて欲しくない」と思ってしまうのです。

セックスを拒否する・面倒くさがる
もしもあなたがSEXを拒まれたり嫌がられたりしたならば、すでに奥様の心は不倫相手に奪われてしまっているのかもしれません。

パターンが変わった、上達している
妻とのお決まりのパターンの性交渉に変化を感じたとき、それは不倫相手とのセックスによる変化なのかもしれません。ここで浮気を見抜くことができるかもしれません。

帰宅後すぐにシャワーを浴びる
普段は家事をしてからお風呂に入るという人が、帰宅してすぐにお風呂に直行、とい場合は、浮気相手のニオイ、ラブホテルなどの自宅とは異なるボディーソープのニオイがが残っていることを心配しいる可能性が高くなります。

避妊具なしでセックスをする
万が一、不倫相手と性交渉で妊娠してしまった場合のことを考え、アリバイ作りのために夫とセックスする場合があります。
今までセックスを拒否していた妻が、急に避妊具なしで求めるような場合は浮気の確率がかなり高いと言えるでしょう。

(女は浮気がばれないように、ここまでやります)

あまり裸、着替えている姿を見せなくなった
不倫している時には気分が高まり、キスマークを付け合ってしまう、という人は意外と多いです。
浮気を見抜かれたくないという心理ばかりではなく、妻の心が相手に囚わられている場合、あなたに裸を見られたくない、という心理がうまれる可能性もあります。


3.仕事、趣味、外出から不倫を見破る

妻の職業や日常の行動パターンにもよりますが、外出が以前よりも多くなってきていると感じたら要注意です。
特にいつも以上に念入りに化粧をしたりファッションに気を使っていれば、不倫相手に会いに行っている可能性は極めて高くなります。

また、女は付き合う男の影響を受けやすいと言われています。
妻が不倫相手の影響を受け、新しい趣味を始めることもあるのです。

残業や休日出勤、出張が増えた
残業や休日出勤、出張といえば旦那にとがめられないだろう、、、ということを妻は承知しています。
もともと残業や休日出勤や出張が少ないのに、急にそれらが増えた、それなのに給料が増えない、イベント時に多く仕事が入る、ということも合わせて考慮し、不倫を疑ってもいいのではないでしょうか。

会社や友達との飲み会が増えた
「飲み会」も不倫の口実に頻繁に使われるものです。
今まで飲み会にそんなに参加していなかった、妻があまりお酒を飲まない、という場合は、単なる浮気の言い訳なのかもしれません
。飲み会と言っていたのに酔わずに帰宅するという場合も注意しておく必要がありそうです。

昔の(夫が知らない)友達と頻繁に会うようになった
浮気相手と会う時に、その言い訳にあなたも知っている人を使ってしまうと嘘をついていることがバレやすくなってしまいます。
夫の知らない「昔の友達」を言い訳にして不倫するパターンも多いようです。

短時間の外出が増えた
不倫関係にある2人は家族の前で自宅で電話することさえできませんから「ちょっとそこまで…」と言って外出しその間に電話をするというケースがあります。急に外出することが増えたとなれば、怪しんでもよさそうです。

習い事に通い始めた、通う頻度が増えた
習い事を言い訳にして、その時間に密会しているパターンと、
インストラクターと浮気している、
あるいは、一緒に通っているパターンに分けられます。
好きなことをやらせてあげる、理解のある夫の気持ちを逆手にとって、楽しんでいる、というケースもあるので注意が必要です。

趣味や嗜好が変わった
妻が不倫相手の影響を受け、新しい趣味を始める、趣味や嗜好が変わることもよくあるパターンです。
趣味、音楽、食の好みなど相手に影響されて変わっていくのは男より圧倒的に女の方なのです。


4.家庭、日常生活の中での見抜き方

夫のスケジュールを確認したがる
浮気している女性は不倫相手といつ会えるかを常に考えているので、「旦那のスケジュール」が気になって仕方がありません。

また、夫に飲み会や遊びなどの予定が入ったと分かったとたんに嬉しそうな顔をする場合も不倫の可能性が高くなります。
妻は隙あらば浮気相手と会おうと企んでいます。

自分の予定をやたらと細かく教えてくる
不倫をしている女性は、夫のスケジュールを把握したがるだけでなく、自分の予定を細かく伝えてきます。

これは疑われたくない、という心理が働き「誰とどこで何をする」と自分の予定を設定し、聞かれてもいないのにやたらと細かく伝えてしまうのです。
場合によっては友達と口裏を合わせている可能性もあるので、気になるなら実際にその場所に行ってみると見破ることができるかもしれません。

使い道の分からない出費が増える
女性の場合、デート代やホテル代を出すことはほとんどありませんが、相手の誕生日やイベントでのプレゼント代でお金を使うことがあります。

また、自分に投資する装飾品、美容、化粧品代などで家計からの出費が増えることになります。
家計を妻任せにしている男性も多いと思いますが、たまには確認してみるとヒントを見抜くことができるかもしれません。

家事を手抜きするようになる
日常の生活をしていても不倫相手の事で頭がいっぱいの妻は、家事に身が入らなくなってしまうというケースは少なくありません。

夫への愛が冷めてしまっている場合は、夫の健康も身の回りの世話もどうでもよくなってしまうのです。
手抜きの料理が増える、掃除なども手抜きになったりしたら要注意です。

スマホ・携帯を肌身離さず持ち歩く
浮気、不倫に夢中になってしまうと、必ずと言ってよいほど携帯やスマホを肌身離さず持ち歩きます。

旦那にやり取りを見られたらマズイ、聞かれると困る、というパターンと、
会えない代わりにできるだけ連絡を取ってつながっていたい、というパターンの両方が考えられます。
ある日を境にスマホや携帯電話に執着を持つようになった場合は、浮気を見破るポイントにしてもよいでしょう。


5.心の変化、メンタル面からの見破り方

不平不満を言わなくなった、イライラしなくなった
イライラしがちで口うるさい妻が夫に対して急に機嫌よく接するようになった場合は、不倫を疑ってもよいでしょう。

これは、残念なことに夫に対して罪悪感があって申し訳なく思っているからではありません。

女は恋愛において心が満たされているとイライラしてしまうような事も許せるようになってしまうのです。
「最近、妻の機嫌が良くてラッキー!」なんて思っていると、取り返しのつかないことになってしまうこともあるのです。

ヒステリックになった
不倫をきっかけに極端にヒステリックになるというケースもあるので注意が必要です。
浮気相手に完全に心奪われているため、「旦那のすることがいちいち不愉快」に感じられるケースもあります。

お互いの事情でなかなか会えないもどかしさなどで精神的なバランスが取れず、ヒステリックになることもあるでしょう。

夫に関心がなくなった
不倫相手の事で常に頭がいっぱいの妻ならば、夫に対する関心がなくなるのは当然です。
完全に興味を失ってしまっているために文句を言う気力すらわいてこないという場合もあります。

また、 急にあなたの話に興味を示さなくなる、自分の話をしなくなるという傾向もあります。

「愛してる」のアピールをしてみる
不倫をしている女性は、「旦那は家族の一員」として受け入れているものの、恋愛感情は完全に不倫相手に向いているので、家族の一員として接することに抵抗はなくても、恋愛対象として接することに抵抗を感じてしまいます。

夫から「愛している」と言われても嬉しいという感情はなく、はぐらかすならまだしも、むしろ嫌悪感すら抱き、態度に出てしまうこともあります。

浮気を見抜くためにも妻の表情に注意して試してみるのもよいでしょう。


女が浮気や不倫に走ってしまう5つの原因

妻が不倫に走ってしまう理由は、大きく分けて5つに分けられます。
そして、その原因は、「夫に対して何かしらの不満があるから」ここにありきなのです。

さて、あなたの奥様は、この5つのいずれかにに当てはまるでしょうか?

1.女として認められたいから(夫からは認められていない)

結婚当初は新鮮さやドキドキ感に溢れていたけれど、何年も経ってしまうと、妻のことを単なる子供の母親、家族としてみるようになってしまうのはよくある話です。

いつになっても一人の女として扱われたいという気持ちから、浮気相手に女としてみてもらえることが嬉しくなり、 不倫にはまってしまうのです。

普段からしっかり夫から女としての扱いを受けていれば、気持ちが満たされて不倫・浮気に走ることはありません。

2.セックスレスだから

「夫からセックスを求めてこない」ということは、妻からすれば自分に魅力が足りないと考えたり、「旦那は外で他の女と浮気しているのでは?」と疑い出すきっかけにもなります。
 
そこから不満を感じたり、自信をなくしている時に、自分を性の対象にしてくれる男性がいれば、その男との不倫・浮気にハマってしまうのも仕方ないかもしれません。

3.旦那に魅力が足りないから(相手が魅力的だったから)

男性として、人としての魅力に欠けているという場合も、妻が浮気に走る原因になるでしょう。

年齢、結婚生活の経過と共に「愚痴ばかり言っている」「怒鳴ったり暴力を振るう」「まったく体型も身なりも気にしなくなった」、そんな夫に疲れ果て、嫌気がさして魅力的な男性に惹かれ不倫に走る女性もいます。

男女にいえることですが、一番身近な相手にこそ、気持ちをしっかり尊重するよう心がけ、自分磨きすることも必要です。

4.退屈を感じてしまった、刺激を求めて

  • 流れゆく日々に退屈を感じてしまった
  • ただただやることに追われ生きているだけと感じてしまった淋しさから
  • 家庭での存在価値を感じず、存在価値を求めて

妻だって、母親だって人間です。年齢に関係なく、刺激を求めて火遊びからはじまった浮気のスリルが快感となり、抜け出せなくなってしまったのかもしれません。

5.ストレス発散

家事、育児、仕事、旦那、、、妻の生活の中では、男性が理解できないほどのストレスを抱えています。
そんな中、ストレスを「不倫」という手段で発散させてしまったのかもしれません。

日ごろから妻を労い、少しでもストレスを軽減してあげる努力が必要なのかもしれません。
女性は「ありがとう」「お疲れ様」の立った一言で、疲れもストレスも喜びに変ったりするものです。


妻の浮気が発覚した時の夫の対処法

さて、妻の浮気が現実的なものになったとします。

そのときあなたがまず考えるべきことは、「離婚する」か「離婚しないか」です。
このいずれかにより発覚後にすべきことは変わるので、まずは冷静に自分が今後どうしたいのかを考えてみましょう。

離婚せずに夫婦関係を修復したい

「妻と不倫相手を別れさせ、家族を守り、関係を再構築していきたい」という場合は、
「浮気なんか二度としない」「旦那といる時間を大切にしたい」と思わせる、ということを第一に考えて下さい。

そのためにやるべきこと、必要なことは以下になります。

  • 決定的な証拠を入手して、浮気相手の男に慰謝料請求をする(別れさせる)
  • できれば第三者を交えて話し合う(夫婦関係円満調整の調停でもよい)(再発防止)
  • あなたがきちんと意識改革をして内面も外見も磨き、非があれば認め変えていく(自分が変わる)

離婚して慰謝料請求する場合

「離婚を決意した」「慰謝料はきっちり請求する」という場合は法律的に認められるだけの証拠を用意することを最優先にして下さい。

慰謝料の請求はしなくとも、離婚する際に「夫側が原因で離婚するのではない」「妻の不倫が原因で離婚する」と証明するために証拠が必要な場合もあります。

慰謝料請求する場合、離婚請求する場合に有効となる「妻の不貞行為の証拠」とは、

肉体関係があったということが証明できる、「ラブホテルの出入りの証拠写真」や「不倫相手の自宅に出入りする写真」になります。

どうしたいかわからない場合には?

妻の不倫が発覚した時、プライドはズタズタに傷つき、湧き上がる怒りと共に自分を責める気持ちも生まれ、悲しみ、嫉妬、さまざまな感情に振り回され、衝撃のあまり冷静に考える余裕がないのも無理はありません。

「子供のために離婚したくないけど、修復が無理だったら離婚も仕方ない」という場合もあると思います。
そのような場合は、どちらになってもいい様に妻の不貞行為の証拠を確保しておくことをおすすめします。

関係を修復する場合にも、離婚する場合にも、不倫相手に慰謝料を請求する場合にも不倫の証拠が必要になり、あなたの精神的な支えになるでしょう。


私達がお手伝いできること

ここまで「女の浮気を見破る!妻の不倫を見抜くコツや兆候」を解説してまいりましたが、

  • 妻の不倫が原因で離婚を望む場合
  • 浮気相手と別れさせ、夫婦関係の再構築を望む場合
  • 妻や浮気相手に慰謝料を請求する場合

いずれにしても、絶対に必要になってくるのは、「言い逃れできない確たる証拠」です。

これがあれば、あなたが有利に離婚を進めることができるだけではなく、あなたの精神的な支えになることは間違いありません。

確実に決定的な証拠をつかみたい!という方は弊社までご相談ください。
費用や調査の依頼をした方が良いかどうかなど不安な点や疑問についての無料相談もございます。

これからのあなたの人生がより素晴らしいものになるように、応援させていただきます!



関連記事


浮気調査
はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓