メニュー

GPS浮気調査 R&I
スマホ、携帯、PCで車両追跡

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

携帯GPS・スマホGPS追跡アプリを使った浮気調査

GPSを使って車を追跡して、浮気調査できますか?

対象者(夫や妻)の移動手段が車だった場合、車両にGPS発信機を設置しておけば、「今どこにいるのか」位置情報が発信され、パソコンやあなたのスマホ画面にはっきりと表示されます。
その他、バイク、自転車に取り付けることも、持ち物に忍び込ませる事も可能です。
メリット、デメリットからノウハウまでを公開いたします。


「目次」

GPSを使った浮気調査のメリット&デメリット
GPS追跡は犯罪?違法なのか?
浮気調査で使われるGPS追跡の種類は?
セルフ浮気調査に便利な小型GPS
位置情報で得た証拠をどう使うか?
浮気調査の料金を安く済ませるために利用する方法


GPSを使った浮気調査のメリット&デメリット

GPSを使った追跡調査のメリット

探偵、興信所に依頼をするよりもはるかに安価
24時間365日監視ができる
浮気している疑いのある日の行き先がわかる
行き先のウソがわかる
素行調査する際の、尾行、車の追跡のフォローアイテムになる

ウソをついて出かけているのかどうか、確認したい、
浮気をしているであろう場所を知りたい、と言う方にはGPSはおすすめです。

取り付け場所を工夫して、追跡相手の車や持ち物に発信機を仕込んでしまえば、相手の追跡を安価で行うことができます。

浮気調査を探偵に依頼する前に、あらかじめGPSで頻繁に立ち寄るところ、時間帯を把握しておけば、費用を抑えることが可能になります。

GPSを使った追跡調査のデメリット

GPS発信機本体の位置しかわからない
電波が届かない場所では位置がわからない
位置情報にも誤差はでる
浮気の証拠として使えない
相手を責める確実な証拠にならない
バレる危険性がある
リアルタイムに位置情報が分かるために、精神的につらい

位置情報が得られたとしても、誰と過ごしていたか、までは分かりませんし、
GPS機器を仕掛けた車から電車に乗り換えられたり、かばんなどの私物に仕込んだ場合、それらをどこかに置いて移動してしまえば、そこまでの位置情報しか得ることができません。

また、位置情報でホテルにいることが分かったとしても、それは浮気の証拠にはなりません。

一番危険なのが、車などにGPS機器を仕掛けているということが、相手にばれてしまうこと。
GPSを使ってまで浮気調査されていると知れば、相手はギャク切れ、あなたに対する信頼はなくなってしまうかもしれません。

素行調査の一環でGPSを利用する際は、このようなリスクも踏まえて行う必要があります。


GPS追跡は犯罪?違法なのか?

配偶者の浮気調査をするために自家用車にGPSを取り付ける場合には、夫婦の共有財産であることから、違法行為、犯罪にはなりません。

しかし他人の場合は違法になってしまうので、浮気相手の車をGPS発信機で追跡することは絶対にやめましょう。

また、スマホのGPS機能を利用して位置情報を得る場合も注意が必要です。

相手のスマホに追跡アプリを無断インストールする、
ロックがかかっている携帯・スマホのパスワードをネットワークなどを介して入手し、GPSをONにする行為も違法となります。


浮気調査で使われるGPS追跡の種類は?

リアルタイム追跡型GPS発信機:位置情報がリアルタイムでわかる

各携帯会社、セコムから出しているもの、追跡アプリをインストールしたスマホなどを使用

  • ココセコム
  • docomoキッズケータイ
  • AUマモリーノ
  • SoftBankみまもりケータイ


リアルタイム追跡型のメリット
リアルタイムにパソコン、スマホで位置情報を確認できる
尾行、素行調査のツールになる

リアルタイム追跡型のデメリット
携帯会社やセコムなどと契約をしなくてはならない
バッテリーのもちが比較的短い
リアルタイムに追跡情報が分かるので、精神的にきつい

GPSロガー:位置情報を記憶してくれる記憶型

時間、場所、そこまでのルートを記録してくれる


GPSロガーのメリット

  • 滞在時間、おおよその立ち寄り先、ルートなどが記録される
  • 値段がピンきりで安いものもある(3000円位~)
  • 面倒な契約がいらない
  • バッテリーのもちの長いものを選ぶことができる

GPSロガーのデメリット

  • リアルタイムでどこにいるのかわからない
  • 機種によって使い方、性能に差がある
  • 後から回収して、データをPCなどに移行する手間がかかる

セルフ浮気調査に便利な小型GPS

通常のリアルタイム型やGPSロガーでは、バレてしまいそうで不安、という方には、小型のGPSがお勧めです。
小型GPS追跡機器は、30g前後(あるいはもっと小型)程度しかなく、所持品、バッグに忍ばせる、衣服に縫い付ける、場合によっては靴底にも仕込めることができるような薄く、小さなものもあります。


そんな小型GPS追跡機ですが、デメリットは、バッテリーの持続性で、3日くらいしか持たないものがほとんどです。
また、精度の問題もあり、10メートル以上の誤差が生じてしまう場合もあるようです。

浮気調査に小型GPSを利用する場合には、ピンポイントでのGPS追跡ができなくなってしまうこともあります。

例えば、相手が徒歩で動く際には小型GPS発信機を忍ばせ、車の場合は、通常のGPSロガーやリアルタイム型を車に強力な磁石で設置するなど、それぞれの機種の特徴を上手く利用した方が良いでしょう。


位置情報で得た証拠をどう使うか?

ラブホテル付近の位置情報、定期的に特定の家やマンションに通っている様子など、GPSで得た情報だけでは浮気、不貞の証拠にはなりません。

不貞の証拠とするには、ラブホテルなどで、数時間過ごした証拠写真や映像が必要になります。
GPS追跡で得た情報を相手に突きつけても、言い逃れされるだけ、
そんなことして追跡していたのか?とギャク切れ、信頼関係は崩壊など、
あなたにとって良いことはありません。


あなたがGPSでセルフ浮気調査する労力、得た情報を無駄にしないために、感情に任せて相手を問いただしてはもったいないのです。

では、GPSで得た証拠の使い道は?

1.ウソを言って出かけているのか、確認する
車などに仕掛けたGPSを追跡した証拠の中には、いつ、どこに、どのくらいいたのかがわかります。
例えば「ゴルフに行く」と言っていたのに、車両は全く違う場所に、、、ということになれば、ウソを言っていることがわかり、さらにラブホテル街だったら、、、浮気を疑われても仕方がありません。

このウソの日をメモなどにしておき、後日「この日はどこにいたのか?」を聞く時に利用します。

2.待ち伏せして、証拠を取得する
GPSロガーを使って定期的に通っている場所、時間帯などが分かれば、そこで待ち伏せして、浮気現場を押さえ、写真を撮影することが可能になります。

3.現場に駆けつける
リアルタイムGPS発信機で相手を追跡し、浮気現場に駆けつけてビデオや写真を撮って確たる証拠を押さえる。

いずれにしろ、あなたが復縁したい、別れる気がないのなら、GPSを使って車やパートナーを追跡し、浮気の証拠を入手した、ということは、言うべきではありません。
たいていの場合、相手のプライドは傷つき、あなたに対して怒りの感情を抱くと考えられるので、ウソ、浮気の証拠を押さえるツールとして利用するだけにとどめておきましょう。


浮気調査の料金を安く済ませるために利用する方法

これまで説明してきたとおり、GPS発信機を追跡した場合、どの辺にいた、どの辺にいるだろう、車でどのルートを通った、という事しか分かりません。

ラブホテルの近くにいるのは分かっている、
毎週、この辺りで数時間過ごしている、宿泊している、などの情報を手に入れて、
浮気現場に乗り込む、あるいは待ち伏せして証拠を自分で撮影する、、、
現実問題、とても難しいと思われます。

なぜなら、

  • あなたはパートナーに顔がバレています。
  • お子様がいる場合は、お子様を家に残していかなければなりません。
  • プロの探偵が浮気調査で使う、高感度カメラやビデオは、高価で、それらを買ってまでしても失敗に終わる可能性があります。
  • もし、万が一、あなたがGPSを使って追跡調査し、居場所などを突き止めても、それがバレてしまった場合には、パートナーとの関係は修復困難になる、
  • 証拠があきらめきれずにその後、探偵に依頼しても、相手が警戒しているため、その後の調査が困難になってしまいます。

自分で浮気調査する場合には、GPSで位置情報を確認するまでにとどめ、実際の撮影はプロに任せた方が賢明であるといえるでしょう。


しかし、あなたがセルフ浮気調査でGPSを使い、
おおよそ、浮気相手と会いそうな日、
ウソをついて出かけそうな日、
定期的に浮気が行われているであろう、おおよその場所、
これらの情報を、探偵や興信所に提供することにより、調査を実施する日を絞り込む事ができ、費用を抑えることが可能になります。

また、ベテラン調査員は、過去の位置情報を元に、あらゆるハプニングに対して予測対応してくれるはずです。


関連記事

セルフ浮気調査する方法: ノウハウ大公開


浮気調査
はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓