メニュー

不倫、浮気調査
東京の興信所 R&Iまで

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

不倫調査と浮気の証拠

浮気の事実が発覚する、もしくは不倫の疑惑を抱いた場合

浮気の事実が発覚する、もしくは不倫の疑惑を抱いた場合、感情に任せて行動してしまい、後で後悔してしまうケースがよくあります。

自分で不倫調査を行い、証拠を突きつけよう、追求しようと思われる事もあるかと思います。
しかし、個人で浮気調査を行うことは思った以上に困難となります。

また、相手の不倫により離婚、別れを決意する場合は、証拠の有無とその内容が重要ポイントになります。

不倫の証拠、浮気の証拠

たとえ話し合いの段階で、配偶者が不倫の事実を認めても、いざ裁判になると否定するケ-スが多くあます。

被告となった配偶者や不倫相手は、様々な方法で言い逃れし、訴えの事実を全て否定するという事も考えられます。

慰謝料請求、協議離婚、調停や裁判等の場において、不貞行為を認められるかは、不倫、不貞行為の証拠の内容次第です。

また、夫婦間、男女間の問題を話し合いで解決する場合にも、相手に事実を認めさせるための「証拠能力の高い、確たる証拠」を持っていれば、それがあなたの安心感と支えになることは間違いありません。

不倫相手に対する浮気調査

夫(妻)の不倫の現場を押さえ、証拠写真撮影をして欲しい
不倫相手の顔が見てみたい
離婚に備えて浮気の証拠が欲しい
不倫相手を知りたい、身元調査をしたい

上記のような相談、不倫調査依頼も多くいただきます。必要であれば、問合せください。

不倫や浮気、不貞行為の証拠のPoint!

不貞行為により慰謝料請求や離婚裁判を提訴する際は、原告側(訴訟を提訴した側)が理由となる原因の事実(不貞の事実、悪意の遺棄等)を証明する必要があります。

浮気や不倫などの不貞行為をきっかけに離婚した事実がないと、慰謝料請求できないと思われがちですが、
離婚に至らなくとも慰謝料請求は可能です。

離婚に至った原因が、配偶者とその相手の不貞行為である場合、配偶者とその浮気相手の両者に、慰謝料を請求することが可能です。

離婚する、しないに関わらず、妻(夫)の浮気相手に、貞操権の侵害で慰謝料請求の訴えを起こす場合、不倫した不貞相手の身元の確認も行う必要があります。

裁判証拠、訴訟反証資料としてご利用の方、弁護士への相談が必要な方は、遠慮なくお申し出下さい。

ここで、、、浮気と不倫の違いについての確認。
「浮気」は結婚の有無は関係なく、別の異性と交際をすること。交際の内容は曖昧。交際しなくても好意をもった時点で「浮気」とする場合もある。
「不倫」は男女のいずれかが結婚をしていて、別の異性と「肉体関係をもつ」こと。
不倫(ふりん)は本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。(Wikipediaより)
浮気調査
はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓