メニュー

離婚前の浮気調査
東京の興信所 R&Iまで

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

離婚前に行う、事前の浮気調査!

離婚を決意しており、調査により必要な浮気証拠を収集しますか?
それとも、
浮気調査を行い、その結果によって離婚するか否かを決断しますか?

浮気の事実が発覚する、もしくは疑惑を抱いた場合、感情に任せて行動してしまい、後で後悔してしまうケースがよくあります。

自分で離婚調査を行い、証拠を突きつけよう、追求しようと思われる事もあるかと思います。
しかし、個人で浮気調査を行うことは思った以上に難しく、リスクがあります。
相手に浮気調査をしていることがバレてしまったとき、逆上れされたり、
関係性を修復したいと思っても、そのせいで困難になってしまいます。

配偶者に気付かれずに調査を行い、真実を確認してください。
その結果により、離婚するか否かを決断されても遅くはありません。

また、相手の原因により離婚、別れを決意する場合は、証拠の有無とその内容が重要ポイントになります。

離婚協議の場や調停・裁判、慰謝料請求の場では、内容によりますが以下のようなものだけでは、「不貞の証拠」としては 通用しない事が多く、状況証拠とされてしまう場合がほとんどです。

携帯の発着信、メール、LINE
二人で楽しそうにしている写真、携帯で撮った画像
浮気相手との食事やホテルの領収書
手帳などのコピー
手紙やメモ、日記
浮気相手と宿泊した時のホテルの領収書
不貞行為の裏づけとなるクレジットカードの明細など
盗聴テープ(証拠類は合法的に確保されたものであることが必要なため、通常は裁判所への提出はされません)

しかし、これらの証拠をきっかけに、相手が「不貞の事実を積極的に認め、慰謝料を支払って早く離婚したい」と主張し、不貞の事実に関して争いがない場合には、十分な証拠となります。

離婚調査で浮気の証拠、不貞の証拠をつかむ!

慰謝料請求、協議離婚、調停、裁判等の場においての「不貞な行為を立証する証拠」とは、
「配偶者以外の異性との肉体関係の証拠」です。

浮気をしているという証拠として、法的に有効なものは、
「ある程度の継続性のある肉体関係を伴う男女の関係を指す」もの。
最も確実なのは、ラブホテルの「出入り」の写真や映像。
シティーホテルなどの場合は、部屋に2人で入り、2~3時間いたことの証明が必要です。
相手の家へ行っている場合は、定期的・継続的に通っていて、数時間そこに滞在していることの証明が必要です。

いずれにしろ、「たまたま行った、会っただけではない事」の証明が必要なのです。

離婚を迷っている、離婚を決意している、どうしていいか分からない方、
まずは相談、ご連絡ください。
離婚前の浮気調査は、お任せください!


浮気調査
はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓